教会などでの結婚式

神前式と同様に教会を利用して結婚式を挙げている人も少なくありません。キリスト教だと採用しているケースが多く、結婚式教会といわれることもあります。

この方式ではキリスト教徒が開いている結婚式をオマージュしていっています。本物の教会堂であったり聖堂をつかわずに、結婚式用で作られている施設を活用したものとなります。したがって決して宗教的な施設ということではなく、集会場という形で登録されていますので、誰でも利用をすることができるようになっています。宗派や教会へ所属していなくても結婚式を挙げることができるため、様々な人が利用をしているのが現状です。

現在は華やかなウェディングドレスを着てみたいと考えている女性も多いですが、この方式で採用されています。牧師による進行で式が進められ、最後にウェディングブーケをトスして幸せを分ける風習も伝わっています。ライスシャワーやフラワーシャワーによる風習もありますが、歴史は現代に入ってから主流となっている方式となっているため浅くなっています。しかしウェディングプランの多様化によって、様々な結婚式が行われていますので検討しながら決めていくのもいいでしょう。中には長い歴史を持っている結婚式というのもあります。

神社での結婚式

日本の結婚式を見ていくと、神社などで挙げていくのが主流となっていますが、多くは神前式での結婚式となります。神前式は神社などで行います。神主の先導によって、新郎新婦が一緒に境内を歩いていくのが一般的です。神前結婚式が明確になって一般的になったのは1900年で、大正天皇)の結婚式が初めてです。それ以降改良そして普及活動が行われ、現在の神前式が完成していきます。

流れとしては最初に巫女が先導して新郎新婦や媒酌人などが入場し、斎主が最後となります。進行役が始まりを宣言して、斎主の拝礼に合わせていきながら、神前に礼をしていきます。その後祓を行い三三九度の杯を交わしていきますが、最近では新郎新婦が時間について制約が発生することもあり、略式を用いている神社も多くなっています。終わると神前で誓いの言葉を読み上げる、玉串を神前へ捧げていきます。式の後は披露宴となりますが、ホテルや結婚式場で行うのが一般的です。

続いて仏前式は仏へ結婚を誓っていく様式となりますが、1892年に浄土真宗で最初に行われ、それ以後各宗派で仏前結婚式が普及されていきます。本堂で行っていく場合が多いですが、本尊が安置されている公民館や家庭でも可能となっています。宗派によって式順の違いがありますが、互いに愛を誓いあう流れに変わりありません。有名人でもこの形式で行っていることが多くなっています。

日本の結婚式の歴史

日本における結婚式の歴史は長いですが、少なからず昔は庶民の間で結婚式を自由に外で行うことはありませんでした。大半は自宅でっているケースが多かったですが、神社で執り行われている神前結婚式という形になっていきました。その前にも実施していた形式になりますが、ごく僅かといってもいいでしょう。

今からおよそ130年前の1885年に、日本初の結婚式に関する規定を定められましたが、明治維新以降夫婦が結婚することを制度化していくことが近代化になると考えられていました。仏前結婚式もこの頃からスタートしており、仏教で初めて正式な結婚式を開くことができたのです。1900年には大正天皇と貞明皇后が結婚をすることになりましたが、ここでは正装をして宮中三殿へ拝礼していき、誓いを神の前で行うものでした。皇室で史上初の結婚式となりましたが、これが反響を呼んで神前にて挙式をするべきと声が上がりました。

それが徐々に国民の間に定着していきます。戦後は高度経済成長期に入っていきますが、ここで結婚式場を使ったキリスト教式が流行していきます。最近では宗教に関係なく教会式や神前式、さらには人前式などを自由に選択していくことができるようになっています。

結婚式は変化する

結婚式についても歴史があります。世界各地で行われている結婚式ですが、日本は和洋それぞれ行われています。全国各地で見られる結婚式を見ていくと色々な様式がありますが、いずれの地域においてもライフイベントとして喜ばしいことであることは間違いありません。

そんな結婚式ですが、その後で結婚披露宴を行っていくケースもあります。そのため結婚式は人数が少ない中で行われ、結婚披露宴については多い時には100人以上集まることも多くなっています。これは和洋問わずに盛り上がりを見せており、その後の二次会などでも多くの人が賑わっている傾向にあります。

結婚式について様式を見ていけば、民族で変わる伝統的な結婚式もあれば、宗教で変わっていく結婚式もあります。結婚式を行う場所も大きく変わっており、古来からの結婚式となると由緒正しい神社などで行われています。その一方でホテルやチャペルでの洋式の結婚式もあります。バリエーションは非常に多いともいえるでしょう。

また商業的な施設において開かれる結婚式の中で、レストランや客船などで行われるケースもあります。日本でも同様ですが、費用は高くなりながらも多くの人から祝福される結婚式となっていきます。近年ではウェディングプランも充実しており、価格帯も大きく変わっています。中にはワンコインで結婚式を挙げることができたり、一人で結婚式を挙げることができるシステムを提供しているところもあるほどです。