神社での結婚式

日本の結婚式を見ていくと、神社などで挙げていくのが主流となっていますが、多くは神前式での結婚式となります。神前式は神社などで行います。神主の先導によって、新郎新婦が一緒に境内を歩いていくのが一般的です。神前結婚式が明確になって一般的になったのは1900年で、大正天皇)の結婚式が初めてです。それ以降改良そして普及活動が行われ、現在の神前式が完成していきます。

流れとしては最初に巫女が先導して新郎新婦や媒酌人などが入場し、斎主が最後となります。進行役が始まりを宣言して、斎主の拝礼に合わせていきながら、神前に礼をしていきます。その後祓を行い三三九度の杯を交わしていきますが、最近では新郎新婦が時間について制約が発生することもあり、略式を用いている神社も多くなっています。終わると神前で誓いの言葉を読み上げる、玉串を神前へ捧げていきます。式の後は披露宴となりますが、ホテルや結婚式場で行うのが一般的です。

続いて仏前式は仏へ結婚を誓っていく様式となりますが、1892年に浄土真宗で最初に行われ、それ以後各宗派で仏前結婚式が普及されていきます。本堂で行っていく場合が多いですが、本尊が安置されている公民館や家庭でも可能となっています。宗派によって式順の違いがありますが、互いに愛を誓いあう流れに変わりありません。有名人でもこの形式で行っていることが多くなっています。