日本の結婚式の歴史

日本における結婚式の歴史は長いですが、少なからず昔は庶民の間で結婚式を自由に外で行うことはありませんでした。大半は自宅でっているケースが多かったですが、神社で執り行われている神前結婚式という形になっていきました。その前にも実施していた形式になりますが、ごく僅かといってもいいでしょう。

今からおよそ130年前の1885年に、日本初の結婚式に関する規定を定められましたが、明治維新以降夫婦が結婚することを制度化していくことが近代化になると考えられていました。仏前結婚式もこの頃からスタートしており、仏教で初めて正式な結婚式を開くことができたのです。1900年には大正天皇と貞明皇后が結婚をすることになりましたが、ここでは正装をして宮中三殿へ拝礼していき、誓いを神の前で行うものでした。皇室で史上初の結婚式となりましたが、これが反響を呼んで神前にて挙式をするべきと声が上がりました。

それが徐々に国民の間に定着していきます。戦後は高度経済成長期に入っていきますが、ここで結婚式場を使ったキリスト教式が流行していきます。最近では宗教に関係なく教会式や神前式、さらには人前式などを自由に選択していくことができるようになっています。