教会などでの結婚式

神前式と同様に教会を利用して結婚式を挙げている人も少なくありません。キリスト教だと採用しているケースが多く、結婚式教会といわれることもあります。

この方式ではキリスト教徒が開いている結婚式をオマージュしていっています。本物の教会堂であったり聖堂をつかわずに、結婚式用で作られている施設を活用したものとなります。したがって決して宗教的な施設ということではなく、集会場という形で登録されていますので、誰でも利用をすることができるようになっています。宗派や教会へ所属していなくても結婚式を挙げることができるため、様々な人が利用をしているのが現状です。

現在は華やかなウェディングドレスを着てみたいと考えている女性も多いですが、この方式で採用されています。牧師による進行で式が進められ、最後にウェディングブーケをトスして幸せを分ける風習も伝わっています。ライスシャワーやフラワーシャワーによる風習もありますが、歴史は現代に入ってから主流となっている方式となっているため浅くなっています。しかしウェディングプランの多様化によって、様々な結婚式が行われていますので検討しながら決めていくのもいいでしょう。中には長い歴史を持っている結婚式というのもあります。